長寿祝い 贈り物

長寿祝いの贈り物はライフスタイルを考慮して選ぶ

長寿祝いにどのような贈り物を検討していますか?

一昔前は、還暦は赤い頭巾やちゃんちゃんこ、
座布団など、古希以降は 無病息災を祈る紫色の
座布団などを贈る風習もありましたが、 現在では、
普段使いや趣味に役立つ実用的な物を贈る方が
増えています。

あまり慣習にこだわらず、長寿祝いの贈り物は本人に

「元気を与え、活動的にしたり、 明るい気持ちにさせる」

ということをポイントに選ぶといいでしょう。

いつまでも健康でこれからも沢山楽しんで下さいという気持ちで
プレゼントを選ぶ
といいかもしれません。

そのためには、長寿祝いを迎える方のライフスタイルを考慮することが
大切です。

例えば、旅行好きなら旅行券、グルメな人には食事券、健康に気遣っている人にはウォーキングシューズといったように、趣味や嗜好、本人の希望などを
考慮
し、 喜ばれる贈り物をじっくり検討してください。

若干若向きな贈り物を選ぶ

最近では還暦を祝う61歳(満60歳)はまだまだ
現役の人も多く、老人と呼ぶには 相応しくなくなって
きたため、70歳の古希のお祝いあたりから、本格的な
長寿祝いというのが一般的になってきました。

ただし、昨今は還暦はもちろん古希を祝う70歳でさえ、まだまだ 老人という意識が薄く、ゴルフや登山などのスポーツを楽しむ、 活動的な人も多いのが現状です。

現在の高齢者の多くが年齢より若く見られたいという気持ちを持っている ということを忘れずに、年齢より若干若向きな贈り物を選ぶようしたほうがいいでしょう。

家族のぬくもりをプレゼントする

以前、敬老の日に贈って喜ばれたものの
ランキングをネットで調べたことがありますが、
食事会家族旅行感謝の言葉孫に関するものなどが上位にあげられていました。

また、65歳以上を対象とした厚生労働省による老後の生きがい調査によると、友人や地域の人との交流(42.3%)・子供や孫の成長(41.9%)・家族との団らん(41.7%)などに
老後の生きがいを感じている方が多いようでした。

これらの結果を見てみると、長寿祝いには家族の絆やぬくもりを感じる
贈り物を喜ぶ方が多い
と予想できるのではないでしょうか?

そこで、家族の思いが、明るさと元気を与える形に残る贈り物・・・
そんな長寿祝いにおすすめのプレゼントを紹介します。
私は父の涙を始めて目にしました。

 

長寿祝いに心の癒しと生命力のある言魂を贈る!