長寿祝い スケジュール

現代の長寿祝いは古希からが一般的に

長寿祝いはどのようなスケジュールになっているのでしょうか。

儒教の思想に根ざした長寿祝いはもともと中国から平安時代に伝わったといわれていますが、 短命だった昔は、長寿祝いのスケジュールも現在と異なっていました。 奈良時代には40歳以降10年毎にお祝いしていたといわれています。

その後、徐々に寿命も延び、室町時代のころから、現代のように数え61歳の還暦を 節目にしたスケジュールで、その後の賀寿が祝われるようになったそうです。

ちなみに節目となる還暦は、干支(十干十二支)の60通りの組み合わせが 一巡し、61年目に生まれた年の干支に還ることから還暦といわれています。

現代ではさらに平均寿命が延び、もはや60歳の長寿祝いというのは、 ちょっと大げさな印象になってきました。

長寿を祝うというよりは、人生の節目にますます元気に第2の人生をスタート しようという意味が込められたお祝いになっています。

実際としては、数え77才・喜寿の祝いあたりから長寿祝いという感じではないでしょうか。 このように賀寿のスケジュールは変わらなくても、祝い方や祝われる方の印象はかなり 変わってきているのが現状です。

ちなみに長寿祝いのスケジュールは以下の通りです。

 数え61歳 還暦

 数え70歳 古稀

 数え77歳 喜寿

 数え80歳 傘寿

 数え88歳 米寿

 数え90歳 卒寿

 数え99歳 白寿

数え100歳 紀寿・大斎

家族のぬくもりをプレゼントする

以前、敬老の日に贈って喜ばれたものの
ランキングをネットで調べたことがありますが、
食事会家族旅行感謝の言葉孫に関するものなどが上位にあげられていました。

また、65歳以上を対象とした厚生労働省による老後の生きがい調査によると、友人や地域の人との交流(42.3%)・子供や孫の成長(41.9%)・家族との団らん(41.7%)などに
老後の生きがいを感じている方が多いようでした。

これらの結果を見てみると、長寿祝いには家族の絆やぬくもりを感じる
贈り物を喜ぶ方が多い
と予想できるのではないでしょうか?

そこで、家族の思いが、明るさと元気を与える形に残る贈り物・・・
そんな長寿祝いにおすすめのプレゼントを紹介します。
私は父の涙を始めて目にしました。

 

長寿祝いに心の癒しと生命力のある言魂を贈る!